Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hello Worldをこえて

プログラマとして生き残るための備忘録

繰り返し発生する単純作業の労力を減らす方法

仕事の進め方

最近作業量が極端に多く、自分が行うべき本来の仕事が進まないことが多い。

単純なシステムの申請作業や開発環境の構築が極端に多いからだ。

それらの単純作業に、項目の検討や、前回行ったことを思い出す労力が強いられ、結果として本来の仕事時間を心理的・時間的に圧迫するようになっていた。

 

このようなことがあり、検討・調査に5分以上費やした内容については、全て簡易な手順書(スクショ)を作成することにした。

 

やり方は以下の通りである。

 

① 申請、調査、構築作業などのうち、5分以上かかった内容について、画面をスクショする。

② 作業の合間に、スクショに説明文を付け加え、フォルダに保存する。

③ 調べたURLや参照した資料も上記フォルダに保存する。

④ 次回以降、同様な作業や関連する作業を行う時に、その手順書(スクショ)を参考に作業を実施する。

 

これによって、繰り返し発生する、単純作業の作業時間が短縮された。また、一番効果を感じたのは、心理的な余裕が発生し、それらの単純作業の後回しがなくなったことである。

今後はこの手順書を後輩の指導用として用いる予定である。